我々『FJCネットワーク東京』は、福祉住環境を学び合い、
福祉住環境コーディネーター同士の交流を深める活動をしています。

NEWS

2015/3/1
FJCネットワーク東京ってどんなサークル?・・・私たちのリーフレットを更新しました。

3月2日(水)に2015年度 活動結果発表会を開催します。

2016/2/9
2月14日(日)に今年度の第8回勉強会を開催します。是非ご参加ください。

1月17日(日)にタウンウォークを開催します。詳しくはこちら。

2015/9/16
9月20日(日)に今年度の第3回勉強会を開催します。是非ご参加ください。 
ブログも更新しています!

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは、東京商工会議所が行う検定試験のひとつです。

福祉住環境コーディネーターとは、一体どういう意味でしょうか?福祉とは、『全ての人が人間らしく生きられること』、住環境とは、『住まいの環境』、そしてコーディネーターとは、『コーディネート(=様々な要素を調和させること)をする人』です。
つまり福祉住環境コーディネーターとは、『全ての人が人間らしく生きられるよう、様々な住環境の要素を、調和させる人』という意味となります。具体的には高齢者や障がい者の住環境整備に関する必要な知識を学び、その知識を活かして住環境をコーディネートする人材を育成するための資格です。

例えば、世代の異なる人々が一つ屋根の下に暮らす住まいは、生活スタイルや生活習慣、生活動作がまるで違います。このようなお宅には大抵、『この不便をなんとかしてくれ!』という切実な要望(=ニーズ)があるものですが、それを誰に頼めばいいのかが分からないことが実際には多々あります。そこで福祉住環境コーディネーターの出番!『コレはここに頼んで、コレはここに頼みましょう。こうすれば、住環境の問題は解決しますヨ。』このようにして、問題を解決に導く役目を果たすのが、福祉住環境コーディネーターに求められるスキルです。

我々、 F(福祉) J(住環境) C(コーディネーター) ネットワーク東京は読んで字のごとく、主に東京で活動する、福祉住環境コーディネーターたちの、ネットワーク(=繋がり)を目指した社会人サークルです。なぜ、我々は資格を取ったのに、まだサークル活動(=お勉強)をするのでしょうか?それは、福祉住環境に関する問題というのは、余りに身近にある生活の問題なので、つい見落としてしまいがちだからです。ですから、色々な立場、職種の福祉住環境コーディネーターが、お互いに知り合いとなり、知識を共有することで、問題の早期解決を図ることが出来るようになります。

我々FJCネットワーク東京は、『立場が曖昧な福祉住環境コーディネーターを、本当に世の中で必要とされるスペシャリストにしよう、そのために一杯勉強して、たくさん連携しよう!』という勉強会サークルです。是非一度、我々の活動にご参加下さい!

 

 

現在地: Home